一期一会

あなたのモヤモヤ解決をお手伝いします。

美容

30代女性が気になるくすみは日焼け止めで対策を!

投稿日:

女性の肌のくすみは30歳を超えると、特に気になってきます。外的原因は毎日浴びてる紫外線が8割を占めるといわれます。コロナ禍でマスクが日常的になっている現在は、マスクで紫外線予防をという女性も多いはず。しかし、それで大丈夫でしょうか。

スポンサーリンク
  

肌のくすみが気になる30代

女性の30代は、ホルモンの分泌が変化していく時期です。それに伴い、皮脂の分泌も少なくなっていくそう。20代までの皮脂によるニキビの悩みから、乾燥によるくすみやシミ、毛穴のトラブルへと変化していきます。

毎日使っている化粧品が合わないと感じたり、顔色が黒ずんで見えてきたり。さらには、毛穴の目立ちや小じわが気になり始めるのもこの時期です。

 

30代の女性の多くは、仕事や家事、子育てと毎日忙しく、肌ケアにかける時間が少ないという方も多いはず。

ところが30代の肌は、生まれ変わるサイクル「ターンオーバー」が乱れやすくなって、外部からの刺激をブロックする大切なバリア機能が低下しやすくなってしまいます。

バリア機能が低下すると、シミやくすみが出来やすくなる上に、肌の保水力も低下するため乾燥もしやすくなります。そのままにしていると、シワやたるみなどにも繋がっていきます。くすみに気が付いたら、早めのケアを始めなければいけません。

 

くすみの原因は、毎日浴びている太陽光線の紫外線が多くを占めます。肌の老化原因は、加齢が2割、紫外線による「光老化」が8割を占めるといわれます。日光が当たる手や顔は紫外線の影響を受けやすく、シミ、しわ、たるみなどの老化現象が現れやすいのです。

紫外線は、太陽がある限り降り注ぎます。屋外はもちろんのこと、窓ガラスを通して室内にも入ってきます。さらには、夏ばかりではなく冬や曇りの日でも紫外線の刺激にさらされています。

 

コロナウィルスが発生してから、日常的にマスクを着けるのが当たり前になっています。マスクは日焼け予防にある程度効果があっても、それだけでは十分ではありません。

最も効果的に紫外線を予防するためには、マスクだけではなく日焼け止めの併用をおすすめします。こまめな塗り直しも忘れずに。

くすみと紫外線

くすみは、細胞が生まれ変わるサイクル「ターンオーバー」の乱れや乾燥が原因となりやすく、放っておくとシミやシワなどさらなるトラブルに繋がります。

□メイクをしても顔色がすぐれない
□首の色より顔が暗く見える
□ファンデーションが浮いて見える
□メイクのノリがわるくなった
□肌にツヤがなく、元気がないように見える

友人に「最近疲れていない?」などと言われたら、要注意です。顔色がすぐれない「疲れ顔」は、悲しいことに老けて見えてしまいます。

 

細胞が生まれ変わるターンオーバーの周期は、20代で28日といわれています。30代では40日前後と、年齢を重ねるごとにそのスピードは徐々に遅くなっていきます。

□20代...28日前後
□30代...40日前後
□50代...75日前後
□60代...100日前後

実年齢×1.5(~2)で計算すると、おおよその自分の周期がわかります。化粧品などの効果を実感するのは、どれくらいかを知ることが出来ます。

 

「ターンオーバーが乱れる」とは、主に早くなることを意味します。ここで、早くなると新しい細胞が次々とできるのだからその方がいいのでは?という疑問が出てきます。

実はターンオーバーが早くなると、まだ十分に育っていない角層が表面に出てきてしまいます。表面に出てきた角層は垢となって剥がれ落ちますが、未熟な角層は形が十分でないため、うまく剥がれ落ちることが出来なくそのまま積み重なってしまいます。

未熟な角層細胞は凸凹しているので、光を通す障害物となってしまうため、暗くくすんで見えるというわけです。

このターンオーバーの乱れは、肌の老化現象。その8割は紫外線によるものといわれています。「光老化」と呼ばれていますが、あまり知られていません。インターネット調査でも、約8割の人が「知らない」と答えているほどです。

スポンサーリンク

 

紫外線は太陽光線の一つです。他には、可視光線、赤外線があり、可視光線よりも短い波長が「紫外線」、長い波長が「赤外線」です。

出典:アウタースキンラボ

「UV」は英語で紫外線を意味する、ultravioletの略です。紫外線にはUV-A、B、C波があります。そのうち地上に届くのはA、B波で、波長が短いC波はオゾン層に遮られてほとんど届いていません。肌にダメージを与えるのは、UVA、Bになります。

中波長のUVBは表皮に届き、炎症を起こします。シミの原因になるメラノサイトを活性化させるからです。

長波長のUVAは表皮の奥の真皮まで届き、コラーゲンやエラスチンの産生を邪魔をするので、シワの原因になります。

 

最近では、更に奥の皮下組織まで届く「近赤外線」は、筋肉レベルで起きるたるみの原因になる事がわかってきました。これらを防ぐには日焼け止めが効果的といいます。高齢になってもくすみばかりでなくシミ、シワ、たるみが少ない肌になれるはずです。

日焼け止めの使い方

効果的に日焼け止めを使うには、塗り方に注意しなければなしません。顔は平面ではありませんから、鼻や耳などは塗りにくくまだらになりやすい所です。

塗る量も重要。日焼け止めを顔に塗った後に、ティッシュペーパーを1枚乗せてみてください。くっついて落ちなければOKです。数字にすると1平方センチ当たり2mgですが、わかりづらいですよね。マスクはよく乾いてから、着けるようにしましょう。

また、日焼け止めは汗やこすれで落ちやすいものです。こまめな塗り直しも大切です。お出かけ前にしっかり塗っていても、スポーツや暑さで汗をかくなどで落ちやすいものです。食事や休憩のときなどにこまめに塗り直すと良いですね。

 

化粧品の選び方も大切です。最近はファンデーションに日焼け止め効果がついているものが多くありますが、紫外線をしっかり防ぐにはファンデーションと下地の両方に紫外線防止効果があることが理想です。仕上がりも均一になり、綺麗になります。

BBクリーム、CCクリームは、下地やファンデーションとして使えて日焼け止め効果もあるので、便利です。その上に紫外線防止効果が高いパウダーファンデーションを重ねると万全です。メイク直しをこまめにして効果をキープしましょう。

 

紫外線は7~8月が最も多いですが、4~5月にかけて急速に増えてゴールデンウィークの時期にはピーク時とほぼ同じになるそう。冬や曇りの屋外での紫外線、窓越しに入ってくる近赤外線や長波長のUVAにも影響を受けます。

1日の中ではお昼前から増え始めて、午後2時ごろがピークになります。メイクをしない日は、BBクリームやCCクリームだけでも塗っておいた方が良さそうですね。

最近のマスクには、UVカットができるものがあります。効果は高いと思いますが、顔全体を覆うものではありません。顔の上半分が対策されていないと「マスク焼け」を起こしてしまいます。紫外線対策には日焼け止めを使うことをおすすめします。

まとめ

肌のくすみは30代から目立ち始めます。あれこれ化粧品を代えても顔色がさえないのは、紫外線が原因の多くを占めているから。効果が大きい日焼け止めで対策をするとダメージは回復することが出来ます。

日常的に日焼け止めを使うと、さらに効果はアップします。マスクに頼らず顔全体の対策をしましょう。将来の美しい肌を目指して、今日から始めてみませんか。

最後までお付き合いくださり、ありがとうございました。

この記事は以下のサイトを参考にさせて頂きました。有難うございました。
ファンケル
DHC
薄毛女性のための知恵袋
エフシージー総合研究所
アウタースキンラボ
日経Gooday
「光老化」啓発プロジェクト委員会
美的.Com

スポンサーリンク

-美容
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

中学生なのに白髪が!原因は何?髪型はどうアレンジする?抜く?

スポンサーリンク 白髪の悩みは加齢と共に誰もが持つようになりますが、中学生のうちに白髪が生えてくると悩みは深刻です。遺伝と考えられていた若白髪。 しかし原因はそれだけではないようです。簡単に染めること …

見た目年齢は髪の印象から!エイジングケアにはハル黒髪シャンプー!

ハル黒髪スカルプシャンプーは産後の髪トラブルに悩んだ2児のママが、経験をもとに開発された100%天然素材のシャンプーです。天然由来成分だけで化学成分を使った商品に負けない使用感・仕上がりにこだわり、詰 …

白髪だけくせ毛で出た!抜く・切る・染める?頭皮マッサージが効く?

スポンサーリンク 白髪がくせ毛のようにくねくねしている場合があります。 気になってついつい抜いてしまうという方、多いですよね。 「白髪は抜くと増える」と言われますが、本当でしょうか。 くねくねした白髪 …

湯シャンで汚れは落ちないのか?ギシギシ・臭い・かゆいはなぜ起こる!

スポンサーリンク 日本人は髪を洗い過ぎているといわれています。1日1~2回は髪や頭皮に悪いといいますが、それはシャンプー剤やトリートメントなど市販されているものの成分が原因のようです。 そのことから、 …

30代女性に多い抜け毛の原因はシャンプーの仕方?病気でも抜ける?

髪のトラブルの一つが抜け毛。女性は30代になると、髪が細くなりうねりが出るなど質感が変化してきます。抜け毛も増えたように感じ、洗髪時に排水口に溜まるようになると、病気なのではないかと不安になってきます …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。